サウルの息子 収容所に存在した死体処理係「ゾンダーコマンド」の物語

【あらすじ】

2015年のカンヌ国際映画祭グランプリ受賞など、多くの映画賞を獲得したホロコースト作品。
舞台は1944年10月のアウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所。ユダヤ人のサウルは同胞をガス室へと誘導し、その死体処理を専門に行う「ゾンダーコマンド」として働いていた。ある日、ガス室から奇跡的に息のある少年を発見する。だがすぐにドイツ兵に殺されてしまったのだが、サウルはユダヤ教の教義にのっとった埋葬で弔おうとして…。

【見どころ】

物語がはじまってまず驚くのが、その独特な映像。極端に焦点(ピント)が合っている範囲が狭く、主人公にピントが合っているときは、風景は全てボヤけている。だが今作はこの映像でなければ悲惨すぎて正視できなかったかもしれない。「ゾンダーコマンド」の生活を密着取材したかのようなリアリティなのだ。

まず同胞たちを薄暗い地下のガス室へ誘導する。詰め込むだけ詰め込んだら分厚い扉を閉めてガスを散布。中から悲鳴が聞こえてくる。数分後、声が聞こえなくなったら丸裸の死体をバケツリレーのように地上に上げていく。その後は焼却炉から出た大量の「人の灰」を川まで運んで処理。次から次へとユダヤ人が運ばれてくるため、ゾンダーコマンドたちはこの一連の流れを昼間と夜間にシフト分担し、24時間稼働させられる。観る者はこれほどまでに非人道的な映像の中に放り込まれてしまう。

物語のラスト、主人公が一瞬だけみせる笑顔が脳裏に焼き付いて離れない。

  • 【監督】ネメシュ・ラースロー
  • 【出演】ルーリグ・ゲーザ/モルナール・レヴェンテ/ユルス・レチン
  • 【日本公開】2016年
  • 【原題】SON OF SAUL

ピックアップ

  • ※DVD・動画配信サービスで取り扱いのない作品もございます。あらかじめご了承ください。

更新情報

  • 2/15「SPIRIT スピリット」
    ジェット・リーが実在の中国武術創始者を熱演。中村獅童と激突!
  • 2/11「大統領の陰謀」
    ダスティン・ホフマン、ロバート・レッドフォード主演。ニクソン大統領を辞任に追い込んだ2人の記者の物語
  • 2/10「夢二 愛のとばしり」
    大正時代の愛憎劇をうっとりするほどの映像美で魅せる。着物姿の黒谷友香、小宮有紗の美しさは一見の価値あり

人気カテゴリ

注目の俳優

ページ先頭へ戻る