アメリカン・スナイパー 米軍史上最多。160人を射殺したスナイパーの実話

【あらすじ】

アメリカ海軍のエリート部隊「ネイビー・シールズ」の兵士としてイラク戦線に赴いた伝説の狙撃手クリス・カイルの回顧録「ネイビー・シールズ 最強の狙撃手」を、巨匠クリント・イーストウッド監督が映画化。
2003年のイラク戦争開始以後、4度にわたって戦場に赴き、仲間の命を守るために米軍史上最多と言われる160人以上の敵を狙撃。英雄と謳われた兵士の苦悩を描く。

【見どころ】

見どころは緊迫感あふれる戦場でのアクションと、殺さなければ殺されるという強烈な経験をした兵士を蝕むPTSD(心的外傷後ストレス障害)に苦悩する主人公と家族のドラマ。
どこから敵が出てくるか分からない混沌とした市街地戦はリアリティに溢れ、自分が現場にいるかのような緊迫感が続く。さらにアクションを盛り上げるのが、1.9km先の的も確実に打ち抜くクリスと、射撃でオリンピック・メダリストの経歴を持つ敵のスナイパーとの攻防。1人、また1人と米軍兵士が狙撃され作戦は頓挫。復讐に燃える米軍兵士たちは、まるで弔い合戦のような様相を呈し戦線が拡大していく。
アメリカに帰国したクリスは、戦地の感覚を抜くことができずに生活音にも過剰に反応したり、怒りをコントロールできなくなり、最愛の妻とも不和になっていく。 そして唐突に訪れる本作のラスト。映画評論家の町山氏がインタビューしたクリント・イーストウッドの言葉では「Fate took him(運命が彼を捕まえたのだ)」とのこと。

  • 【監督】クリント・イーストウッド
  • 【出演】ブラッドリー・クーパー/シエナ・ミラー/ルーク・グライムス
  • 【日本公開】2015年
  • 【原題】AMERICAN SNIPER

映画見放題サービス

ドラマ見放題サービス

動画見放題サービス

動画ライブ配信サービス

ページ先頭へ戻る