この世界の片隅に まさに珠玉の名作。戦時中の広島に生きた人々の生活が現代に甦る

  • 【監督】片渕須直
  • 【出演】のん/細谷佳正/稲葉菜月/尾身美詞/小野大輔
  • 【日本公開】2016年
あらすじ >見どころ




【あらすじ】
すずは絵を描くことが大好きで、おっちょこちょいで少しドジ。そんな彼女も18歳になり、縁談の話しがもちあがった。
1944(昭和19)年2月。すずは海軍勤務の文官・北條周作のもとに嫁ぎ、呉での生活が始まった。
新居は緑溢れる小高い丘の上。世界最大の戦艦と謳われた「大和」も母港とする呉の港も見渡せる美しい場所だった。
優しい夫の両親と、厳しい義姉の径子。径子の娘・晴美。新しい家族との生活にも慣れ始めたころ、徐々に戦争の足音が近づいてきて…。





【見どころ】

スポンサーリンク

徹底したリサーチを基にリアルに描き上げた風景の中に、まるでタイムスリップしたかのような感覚で吸い込まれてしまう今作。

主人公の「すず」の声は、NHKドラマ「あまちゃん」で一躍脚光を浴びた能年玲奈改め「のん」が担当。今作の片渕監督が「ほかには考えられない」と言う通り、すずのキャラクターとベストマッチ。おっちょこちょいで真面目で素直な「すず」のキャラクターが、心から愛おしく思えてくる。

また舞台となる当時の広島について、片渕監督は文献資料と地図を使用して徹底的なリサーチを実施。昭和8年の中島本町の風景や、戦艦大和が入港した日付け、さらにその日の気候まで調べ上げている。
それらのリサーチを基に描かれているため、当時の人々の生活描写が実にリアル。食べ物に関するエピソードも多く、残り少ないお米でどうにかお腹いっぱいにするため、通常よりも米粒を大きくする炊き方なども描かれる。でもそれが滅茶苦茶マズイなど、ユーモアもたっぷり。(片渕監督は実際に当時の料理を作って食べて作品に反映させている)

そして物語の後半。質素ながら幸せだった生活を戦争が奪っていく。1つ、また1つと大切なものが失くなっていく展開はとても残酷で、物語前半の優しい雰囲気から一変。それでも希望を失わずに生きていく「すず」の姿は涙なしには観られない。

公開初日である2016年11月12日に錦糸町の楽天地シネマズで鑑賞したのだが、エンドロールが流れている間、そこかしこからすすり泣きが聞こえていた。

■2016年の第90回キネマ旬報ベスト・テンで1位を獲得
アニメーション作品としては「となりのトトロ」以来28年ぶりに1位を獲得した。

■製作費用は監督の持ち出し。貯金ゼロ目前になった
今作の製作費用はクラウドファンディングで一般の人から多額の資金提供を受けることができたことで話題になったが、当初は片渕監督が持ち出しして自分の貯金を切り崩していた。最終的には残高が4万5000円になってしまったという。その頃は家族で1日、1食100円。1人ではなく一家4人で100円でしのいでいた。

※日刊サイゾー 2016年11月7日インタビュー「貯金ゼロ目前、食費は1日100円…苦境極まった片渕須直監督『この世界の片隅に』は、どう完成したか」より引用

スポンサーリンク

  • スポンサーリンク

  • スポンサーリンク

ページ先頭へ戻る