鬼が来た! 香川照之が熱演。そして映画史に残るラストシーン

【あらすじ】

2000年カンヌ国際映画祭グランプリ受賞作。
第2次世界大戦が終わろうとしていた1945年の正月直前。中国・華北の寒村に住む青年マー・ターサンのもとに「私」と名乗る男がやって来た。その男はマーに拳銃を突きつけ、麻袋を2つ押しつけた。麻袋の1つには日本兵が、もう1つには通訳の中国人が入れられていた。「私」はマーに、それを晦日まで預かるよう脅して去っていってしまう。日本海軍の砲塔が建つこの村で、日本兵を家におくなど危険極まりない行為だったため、村人たちは殺してしまうか、日本軍に引き渡すか話しあうのだが…。

【見どころ】

物語の前半は、ひょんなことから日本兵を匿うことになってしまった中国人たちの姿をコミカルに描いていくのだが、後半は一転。戦争で露呈する人間の狂気を徹底的に炙り出していく。
生きていくにはあまりに過酷な戦争という異常な世界。そこから主人公が解放される様子を表現するラストシーンは必見。

  • 【監督】チアン・ウェン
  • 【出演】チアン・ウェン/香川照之/チアン・ホンポー
  • 【日本公開】2002年
  • 【原題】DEVILS ON THE DOORSTEP/鬼子來了

映画見放題サービス

おすすめの劇場

ドラマ見放題サービス

動画見放題サービス

動画ライブ配信サービス

スポーツ見放題サービス

人気カテゴリ

注目の俳優

ページ先頭へ戻る