ハドソン川の奇跡 155人の命を救った機長の実話。イーストウッド監督、トム・ハンクス主演で描く「信念の大切さ」が感動を呼ぶ

【あらすじ】

2009年1月15日。チェズレイ・サリー・サレンバーガー機長は、乗員乗客155人を乗せてニューヨークのラガーディア空港を離陸した。だがその直後、鳥の群れが機体に激突し、全エンジンが停止してしまう。管制室からは近くの空港に着陸するように指示が出るが、サリー機長は不可能と判断し、ハドソン川への不時着を決行。そして全員生存という奇跡を成し遂げるのだが…。

【見どころ】

名作を量産するクリント・イーストウッド監督が、今作では「信念の大切さ」を描く。またしても見ごたえ抜群の1本だ。

離陸直後に全エンジン停止という絶望的な状況下で、ハドソン川に不時着する。全員無事ではあったものの、管制室の指示に従わなかったことで、事態は思わぬ方向に。事故調査委員会がサリー機長の判断に疑問を呈してくる。

不時着以外の方法はなかったのか、乗客の命を危険にさらしただけだったのでは?と。

そして大勢の関係者が注視するなか、当時の状況を緻密に再現したフライトシュミレーションが行われる。管制室の指示通りに運行し、問題なく着陸できればサリー機長の判断ミスと断定されてしまう緊迫感は凄いの一言。乗組員を救った英雄から一転、裁判の被告のような状況になってしまう。

そして検証に検証を重ね、導き出された結論が静かな感動を呼ぶ。この「静かな感動」がクリント・イーストウッド監督作品ならでは。「お涙頂戴」といわんばかりの演出はなく、さらりと描いて感動の余韻を残してくれるのが良い。

ちなみにエンドロールでは実際のサリー機長をはじめ、当時の乗客たちとの交流シーンも流れるため、最後まで観て欲しい。

  • 【監督】クリント・イーストウッド
  • 【出演】トム・ハンクス/アーロン・エッカート/ローラ・リニー
  • 【日本公開】2016年
  • 【原題】SULLY

スポンサーリンク

映画見放題サービス

ドラマ見放題サービス

動画見放題サービス

動画ライブ配信サービス

ページ先頭へ戻る