インサイダー 全米を揺るがした巨大企業への内部告発

【あらすじ】

アル・パチーノが正義に燃える報道番組のプロデューサー、バーグマンを、ラッセル・クロウは内部告発を決意するワイガンドを熱演。
アメリカCBSの報道番組「60ミニッツ」のプロデューサー・バーグマンは、巨大タバコ産業を番組で取り上げるため、全米3位のブラウン&ウィリアムソン社の元幹部ワイガンドと接触。異常なまでに用心深いワイガンドは、タバコ産業の存在を左右する決定的な証拠を握っていた。 ワイガンドとマスコミの接触を知った会社側は、ワイガンドに執拗な圧力をかけ、彼の生活を脅かしていく。怒りに燃えるワイガンドは、バーグマンの番組でインタビューに応える決意をするのだが…。

【見どころ】

果たして人生を賭けてまで正義を貫ける人がどれだけいるだろうか?
今作は長年積み上げてきた自分のキャリアを捨ててまで、内部告発を放送することに賭ける熱い男たちの姿が感動呼ぶ。

ワイガンドは執拗な妨害工作を仕掛けられ家族は崩壊。決心した番組でのインタビューも、機密情報の暴露による会社との契約違反を問われ、投獄されるかもしれない危機的な状況に追い詰められていく。
一方のバーグマンも、穏便に済まそうとする社内の動きと対立を深めて出勤停止に。番組そのものが放送できなくなる状況に追い込まれていく。

常人なら諦めてしまう八方塞な状況だが、2人は徹底的に戦い続ける。

この物語が事実を基にしていることもあり、映画を観ながら「果たして自分ならここまで戦えるのか?」と自問自答することになるだろう。そして多くの人たちは決してマネをすることなどできない。だからこそ胸を打つ。

それにしても24時間、臨戦態勢で戦い続けるプロフェッショナルたちの姿が単純にかっこ良くもある。「男の美学」を熱く描くことが得意なマイケル・マン監督の演出が光る1本だ。

  • 【監督】マイケル・マン
  • 【出演】アル・パチーノ/ラッセル・クロウ/クリストファー・プラマー/ダイアン・ヴェノーラ
  • 【日本公開】2000年
  • 【原題】THE INSIDER

スポンサーリンク

ページ先頭へ戻る