カポーティ ニューヨークの売れっ子作家の光と影

【あらすじ】

ノンフィクション・ノベルという新しいジャンルを切り開いたトルーマン・カポーティの傑作小説「冷血」がいかに書かれたかを描き、2005年度アカデミー主演男優賞を獲得した実話ドラマ。
1959年11月15日、カンザス州の片田舎で、一家4人が自宅で何者かに惨殺される。それを新聞で読んだ売れっ子作家のカポーティは、事件を小説のネタにしようと、現場に取材に出掛けた。ほどなく容疑者の2人組が逮捕されると、カポーティは彼らから真相を聞きだすために、あらゆる手段を講じて、留置場内の彼らと仲良くなっていくのだが…。

【見どころ】

見どころはなんといっても主役のフィリップ・シーモア・ホフマンの演技。神経質で、同性愛者で、自分勝手で、作品のためなら平気で嘘をつくなど、実物もさもありなんというなりきりぶり。因みに小説「冷血」もお奨め。こちらも傑作です。

  • 【監督】ベネット・ミラー
  • 【出演】フィリップ・シーモア・ホフマン/キャサリン・キーナー/クリフトン・コリンズ・jr
  • 【日本公開】2006年
  • 【原題】CAPOTE

スポンサーリンク

映画見放題サービス

おすすめの劇場

ドラマ見放題サービス

動画見放題サービス

動画ライブ配信サービス

人気カテゴリ

注目の俳優

ページ先頭へ戻る