夜になるまえに キューバ革命に翻弄される実在した作家の生涯

【あらすじ】

卓越した文才を持ちながら同性愛者ということで投獄され、拷問を受け、さらにニューヨークへ亡命後にエイズを発病。そして鎮静剤の多量摂取により自殺という、波乱万丈の人生を送った実在のキューバ人作家レイナルド・アレナスの同名自伝小説の映画化。

1943年。キューバの貧しい一家に生まれたレイナルドは、少年期に起きたキューバ革命でカストロに熱狂し、20歳で作家デビューを果たした。だが一転して独裁政権下で迫害の対象となり、遂には投獄されてしまい…。

  • 【監督】ジュリアン・シュナーベル
  • 【出演】ハビエル・バルデム/オリヴィエ・マルティネス/アンドレア・ディ・ステファノ/ジョニー・デップ/ショーン・ペン
  • 【日本公開】2001年
  • 【原題】BEFORE NIGHT FALLS

人気カテゴリ

注目の俳優

ページ先頭へ戻る