セデック・バレ 4時間36分の超大作。台湾で起きた抗日暴動の悲劇

【あらすじ】

【第1部:太陽旗】
台湾中部の山岳地帯に住む誇り高き狩猟民族・セデック族。その一集落を統べる頭目の息子モーナ・ルダオは村の内外に勇名をとどろかせていた。1895年、日清戦争で清が敗れると、彼らの暮らす山奥にも日本の統治が広がり、平穏な生活は奪われていく。それから35年、頭目となったモーナは依然として日々を耐え抜いていた。そんな中、日本人警察官とセデック族の一人が衝突したことをきっかけに、長らく押さえ込まれてきたセデックたちの怒りが噴出しはじめ…。

【第二部:虹の橋】
連合運動会が開かれていた霧社公学校を襲撃したセデックの決起部隊の手によって、戦う術を持たない多くの日本人は女子供の区別なく命を奪われた。日本軍は直ちに鎮圧を開始。山岳地帯の地の利を活かして戦うセデックの前に苦戦を強いられるが、圧倒的な武力を誇る日本軍と警察を前に、セデックの戦士たちは一人また一人と命を落としていく。男たちが絶望的な戦いに挑むなか、セデックの女たちもまた選択を迫られ、それぞれが信じる道を選ぶことに。決着のときは近づいていた…。

【見どころ】

1930年、日本人警察官との間で起こった小さなトラブルが原因で発生した、原住民による武装蜂起、日本統治時代後期の最大規模の抗日暴動「霧社事件」を描いた本作。
民族の誇りをかけて立ち上がったセデック族、そして日本軍の報復。人々のやりきれない怒りや悲しみを、凄まじいほどの暴力描写を交えて描いていく。
またセデック族の歌や踊り、敵対する民族の首を狩る通過儀礼や宗教感なども丹念に描いていく。長きにわたって築かれたセデックの文化が、帝国主義時代の荒波に容赦なく飲みこまれていく様子も非常に切ない。
4時間36分もあっという間の力作だ。

※霧社事件
1930年10月27日に台中州能高郡霧社(現在の南投県仁愛郷)で起こった台湾原住民による日本統治時代後期における最大規模の抗日暴動事件。霧社セデック族マヘボ社の頭目モーナ・ルダオを中心とした6つの社(集落)の男たち300人ほどが、まず霧社各地の駐在所を襲った後に霧社公学校で行われていた小学校・公学校・蕃童教育所の連合運動会を襲撃。日本人のみが狙われ、約140人が殺害された。現地の警察には霧社セデック族の警察官が2名おり、彼らは事件発生後にそれぞれ自殺。その後の日本軍の反攻により、蜂起した6社の約1000人が死亡し、生存者約550人は投降した。

  • 【監督】ウェイ・ダーション
  • 【出演】リン・チンタイ/ビビアン・スー/安藤政信/木村祐一
  • 【日本公開】2013年
  • 【原題】WARRIORS OF THE RAINBOW

人気カテゴリ

注目の俳優

ページ先頭へ戻る