スカイキャプテン ワールド・オブ・トゥモロー 1939年。ニューヨークに巨大ロボット襲撃!

【あらすじ】

時は1939年、ニューヨーク。敏腕新聞記者ポリーと我等がヒーロー・スカイキャプテンは、世界各地に出現した巨大ロボットの正体を探るうち、恐るべき計画にたどりつく。世界に平和を取り戻すべく二人は冒険に挑んでいくが…。

【見どころ】

マンハッタンを闊歩する巨大ロボットや鳥のように羽ばたく飛行ロボット、水空両用の戦闘機、空中に浮かぶ航空母艦…。奇想天外で魅力的なマシンが次々と登場し、おもちゃ箱をひっくり返したような面白さ。
現実離れした個性的なマシンをはじめ、アナログでレトロフューチャーな世界を、最新デジタル技術でゼロから作りあげた監督のセンスには捻るばかり。こういう世界観において、登場人物たちもクラシックに演出されているのも心憎い。特に、スカイキャプテンと好奇心旺盛で無鉄砲なポリーとのコミカルな掛け合いは、ほのぼのしたかわいらしい笑いを誘い「古き良き時代」の重要なエッセンスになっている。お約束の仲間たちと王道の展開に、少年時代の素直にわくわくした気持ちを思い出させてくれること場違いなし。

  • 【監督】ケリー・コンラン
  • 【出演】ジュード・ロウ/グウィネス・パルトロー/アンジェリーナ・ジョリー
  • 【日本公開】2004年
  • 【原題】SKY CAPTAIN AND THE WORLD OF TOMORROW

スポンサーリンク

ページ先頭へ戻る