大統領の陰謀 ダスティン・ホフマン、ロバート・レッドフォード主演。ニクソン大統領を辞任に追い込んだ2人の記者の物語

【あらすじ】

ダスティン・ホフマン、ロバート・レッドフォード主演。
徹底的な取材でニクソン大統領を辞任にまで追い込んだワシントン・ポスト紙の記者力ール・バーンスタインと、ボブ・ウッドワードの奮闘を描く「ウォーターゲート事件」の映画化。
1972年6月17日、ワシントンDCのウォーターゲートビルにある民主党本部に侵入し、盗聴器を仕掛けようとした5人組が逮捕された。この事件に興味を持った2人の若手記者は、取材をするうちに多くの政府高官が事件に関与していることに気付き始め…。

【見どころ】

何度取材を試みても、何者かの圧力により頑なに口を閉ざす関係者たち。そのうち取材は八方塞になり、命さえ狙われるようになるのだが、猛烈に事件を追い続ける2人の記者の姿は凄いの一言。そんな彼らをドキュメンタリータッチに淡々と描く硬派な一本だ。

  • 【監督】アラン・J・パクラ
  • 【出演】ダスティン・ホフマン/ロバート・レッドフォード/ジェイソン・ロバーズ
  • 【日本公開】1976年
  • 【原題】ALL THE PRESIDENT'S MEN
ページ先頭へ戻る