恋は邪魔者 自立する女性たちに男はタジタジ?

【あらすじ】

「シカゴ」のレニー・ゼルウィガー&「ムーランルージュ」のユアン・マクレガーが豪華競演。60年代のニューヨークを舞台に描くラブ・コメディ。
新人女流作家バーバラは、女性の自立を唱える著書「恋は邪魔者」を出版する。この本が人気テレビ番組の「エド・サリバン・ショー」で紹介され、瞬く間に世界中の女性の間で大流行。そのおかげで、すっかりモテなくなったプレイボーイで人気記者のキャッチャーは、バーバラの主張を覆そうと彼女に恋の罠を仕掛けることに…。

【見どころ】

どちらかというと性格俳優のイメージが強いユアンがコメディをバッチリこなして笑わせてくれる。一方、30着もの鮮やかな衣装を次々と着こなすレニーもキュートで魅力的だ。
「フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン」などロマンティックな名曲たちに彩られ、主演2人が歌って踊り、エンドロールまで理屈抜きに楽しめる。

  • 【監督】ペイトン・リード
  • 【出演】レニー・ゼルウィガー/ユアン・マクレガー/デヴィッド・ハイド・ピアース
  • 【日本公開】2003年
  • 【原題】DOWN WITH LOVE
ページ先頭へ戻る