ターミナル 空港で待ち続ける中年男の大切な約束とは?

【あらすじ】

東欧の小さな村のクラコウジア人、ビクターは、ある約束を果たしにニューヨークにやってきた。だが、彼の祖国でクーデターが勃発し、パスポートが無効に!空港に足止めされた彼は、警備局員の指示に従い、ターミナルで待ち続けるのだが…。

【見どころ】

名優トム・ハンクスと巨匠スピルバーグ監督が贈るハートウォーミング・ストーリー。
東欧の小さな村からニューヨークにやってきた中年男ビクターが、空港でカンヅメ状態に。英語も話せず無一文の彼が、空港で働く男から食事と引き換えに恋の橋渡しを頼まれたり、東欧人乗客のトラブルを助けたりしながら、サバイバルする姿がユーモアたっぷりに描かれる。そんな彼の優しさに空港職員たちも次第に引き寄せられ、やがて彼は空港中の人気者になってしまう。
一方、出世を控えた警備局長はそんな彼がうとましく、次々と嫌がらせや罠を仕掛けて追い出そうとする。だが、彼は頑として空港に居座るのだった。一体彼が入国を待ち続ける理由とは?
どんな時でも人を思いやるビクターの人柄に触れて心が和む一作。こうした純朴な約を演じるとトム・ハンクスは本当にウマい。

■オスカー受賞者3人の才能が結集
主人公ビクターを演じるトム・ハンクスは、完全無欠のいい人役を自然体の演技で魅せる。ビクターと出会い、自分を見つめ直していくアメリア役のキャサリン・ゼタ=ジョーンズも、不倫の恋に悩む女性の弱さや不安を見事に表現。清純な大人の色香が漂う彼女の美しさにも見惚れてしまう。2人の魅力を生かし、極上のエンターテイメントに仕上げたスピルバーグ監督の手腕はさすがだ。

■舞台はセットを超えた実物
舞台となるニューヨークのJFK空港は、カリフォルニアの巨大格納庫の中に約20週間かけて作られた実物大セットというから驚きだ。その大きさには当のスピルバーグ監督も度肝を抜かれたとか。しかも、空港内にはスターバックスや吉野家など35店が実際に出店し、店員役のエキストラには従業員研修まで行われた。そのこだわりが創り出す、本物以上にリアルな空港の雰囲気も見逃せない。

  • 【監督】スティーブン・スピルバーグ
  • 【出演】トム・ハンクス/キャサリン・ゼタ=ジョーンズ/スタンリー・トゥッチ
  • 【日本公開】2004年
  • 【原題】THE TERMINAL

映画見放題サービス

おすすめの劇場

ドラマ見放題サービス

動画見放題サービス

動画ライブ配信サービス

人気カテゴリ

注目の俳優

ページ先頭へ戻る