沈黙 -サイレンス- スコセッシ監督作品。キリスト教弾圧下の日本で試される真の信仰心とは?

【あらすじ】

信仰をテーマに遠藤周作が書き上げた「沈黙」を、巨匠マーティン・スコセッシ監督が映画化。
舞台はキリスト教弾圧が激しさを増す江戸時代の長崎。宣教師のロドリゴとガルペは、高名なポルトガル人宣教師のフェレイラが、拷問に屈して日本で棄教したことを知る。その事実を確かめ、日本で布教活動をすべく、2人はマカオで出会った日本人キチジローに案内され、長崎の隠れキリシタンの村に潜入した。激しい弾圧化にあっても、極貧の農民たちは唯一の心の支えとして隠れて信仰を続けており、2人の来日を心から祝福する。だがやがて弾圧の手はその村にも及び、次々に村人たちが処刑されていき…。

【見どころ】

極限の不条理の中でも屈しない信仰心の美しさだけでなく、今作では人間の弱さも大切であることを描いている。

信仰のために自らの命を差し出す村人役を笈田ヨシ、塚本晋也が熱演。木材で作られた十字架に張り付けにされ、海の波が押し寄せる岸壁に死ぬまで固定される姿は息をのむほどに残酷だ。その他の村人も、「すまき」の状態で火炙りにされたり、海に沈められたりと、目を覆いたくなるシーンが展開していく。
これほどまでに激しい弾圧化であっても2人の宣教師の信仰心は揺るがない。だがやがて自らが棄教し、信仰を捨てなければ、多くの人々が処刑されてしまう事態に陥ってしまう。
神に祈っても目の前の人々を助けることができず、「自分の意志」で踏絵をすれば助けることができる…。こんな極限の葛藤に苛まれていく。

一方、キチジロー役の窪塚洋介は「弱さの象徴」の役割を演じている。自分の命を守るためにキリシタンでありながら踏絵を実行し、奉行人に仲間の居場所を密告して金も得る。決して賞賛されないそれらの行動が彼の命を繋いでいく。

強い信仰心が「死」を呼び寄せ、人間の弱い心が命を繋ぐ。この強烈な矛盾といったらない。

また個性的な日本人キャストの存在感も二重丸。棄教を迫る長崎奉行の役人にイッセー尾形、浅野忠信。少しではあるが片桐はいり、プロレスラーの高山義廣も出演している。

  • 【監督】マーティン・スコセッシ
  • 【出演】アンドリュー・ガーフィールド/アダム・ドライヴァー/浅野忠信/窪塚洋介/笈田ヨシ/塚本晋也/イッセー尾形/小松菜奈/加瀬亮/リーアム・ニーソン
  • 【日本公開】2017年
  • 【原題】SILENCE

映画見放題サービス

ドラマ見放題サービス

動画見放題サービス

動画ライブ配信サービス

ページ先頭へ戻る