インビクタス クリント・イーストウッド監督作品。ネルソン・マンデラを通して描く人類普遍の価値とは?

【あらすじ】

アフリカの人種隔離政策であるアパルトヘイトに抵抗したことで有名なネルソン・マンデラと、95年に南アフリカで開催されたラグビー・ワールドカップを巡る実話の映画化。

【見どころ】

監督はクリント・イーストウッド。ネルソン・マンデラを演じるのはモーガン・フリーマン。名作「ミリオンダラー・ベイビー」のコンビ再び!ということで、映画ファンなら誰もが期待するキャスティング。だがマンデラの人生を掘り下げた感動のドラマを期待するも、物語は拍子抜けするほど抑揚なく、淡々と進んでいく。
マンデラの獄中での生活は描かずに、今作は釈放後に南アフリカ初の黒人大統領に就任するところから始まる。その後はラグビー南アフリカ代表チームのキャプテンとの交流などが描かれるのだが、盛り上がりをみせたのラストだけ、という感想を持った人も多いのでは?

というのも、ライムスター宇多丸氏の解説を借りれば、今作は特定人物のドラマではなく「ニヒリズムに負けずに表現を続けることの大切さ」を描いているから。これを意識して見直すと、全く異なるイメージが浮かび上がってくる。

我々が日々行っている挨拶からはじまり、試合前に行われる勇猛なダンスなどの「表現」は、人間のパフォーマンスを高めるためのもの。それらの表現が波紋となって周囲に伝染し、やがて大きな力を生み出して奇跡を起こす。このことを描いている。
劇中でもマンデラ演じるモーガン・フリーマンが、選手1人1人に丁寧に声をかけている。これらの小さな小さな表現の集積が、やがて南アフリカを優勝に導き、ラストの大歓声に繋がっていく。

それにしても解説を聞いて、映画の印象が当初と異なるものになった体験は初めてのこと。宇多丸氏、素晴らしいです。

  • 【監督】クリント・イーストウッド
  • 【出演】モーガン・フリーマン/マット・デイモン/トニー・キゴロギ
  • 【日本公開】2010年
  • 【原題】INVICTUS

映画見放題サービス

ドラマ見放題サービス

動画見放題サービス

動画ライブ配信サービス

ページ先頭へ戻る