ディストラクション・ベイビーズ まさしく衝撃作。暴力のみで構成された前代未聞の作品

【あらすじ】

舞台は愛媛県松山市にある小さな港町。喧嘩ばかりを繰り返す兄をもつ高校生の芦原将太。ある日、将太は自宅近くで複数人を相手に喧嘩をしていた兄を目撃。だが兄はその日から姿をくらましてしまった。何日経っても帰ってこない兄だったが、テレビで通り魔事件が報道され、兄が容疑者になっていて…。

【見どころ】

実際に誰かが誰かを殴っている、あるいは殺そうとしているところを見たことがあるだろうか。
今作はそんな現場に居合わせてしまったような緊張感が、全篇に渡って続いていく。
しかも兄を演じる主演の柳楽優弥は、最初から最後までほとんど台詞がなく、通りすがりの人々を訳もなく殴り倒し、傷つけていくだけ。
こんな映画は観たことがない。まさに前代未聞の衝撃作といったところ。

冒頭からハードロックのBGMに乗り、舞台となる港町が映し出される。これだけで何かが起こる不穏な空気がピーンと張りつめた印象になる。
そして柳楽優弥が登場。通りすがりのバンドマン、公園にいる不良の学生たちを執拗に殴り倒していく。
冒頭から40分間は柳楽優弥が一切台詞を話さない。ひたすら殴られる側の悲鳴と怒号、拳が顔面を破壊する乾いた音だけが聞こえ、観る者も狂気の通り魔に遭遇してしまった緊張感に包まれる。

そんな柳楽優弥を面白がって、一緒に悪事を働いていくのが人気俳優の菅田将暉。虎の威を借る狐となり、火に油を注いで暴力はさらにエスカレートしていく。
ここからの後半の流れは現実味が薄れてきて、少し間延びしている印象が出てしまうのがとても残念だ。

ちなみに今作は2016年(第90回)キネマ旬報ベストテンで4位を受賞。柳楽優弥は主演男優賞を獲得。

怖すぎるよ、柳楽優弥。

  • 【監督】真利子哲也
  • 【出演】柳楽優弥/菅田将暉/小松菜奈/三浦誠己/でんでん
  • 【日本公開】2016年

映画見放題サービス

ドラマ見放題サービス

動画見放題サービス

動画ライブ配信サービス

Recommend

ページ先頭へ戻る