明日の記憶 世界の渡辺謙、渾身の感動作

【あらすじ】

原作に感銘を受けた渡辺謙が、自ら製作に携わり、主演も務めて映画化した感動作。
間もなく50歳を迎える中堅広告代理店の営業部長、佐伯は、仕事に厳しく部下の面倒見も良い熱血漢。一大プロジェクトの契約と、一人娘の結婚も決まり、公私ともに充実していた。だが彼は物忘れが激しくなり、原因不明の頭痛や不眠もあって病院で検査を受けることに。そこで彼は、若年性アルツハイマー病と診断されて…。

【見どころ】

渡辺謙が白血病を克服した自身の闘病経験を投影するかのような迫真の演技。痴呆が進む主人公の不安や恐怖、やり場のない怒りなどの心情がリアルに伝わり、物語にグイグイ引き込まれていく。そして彼と共に病と闘う妻との夫婦愛、さらに娘の結婚式や孫の誕生といったエピソードには、きっと涙がとまらなくなるはず。
等身大の人間像を丁寧に描き出した秀作だ。

  • 【監督】堤幸彦
  • 【出演】渡辺謙/樋口可南子/坂口憲二
  • 【日本公開】2006年

映画見放題サービス

TV局系サービス

ページ先頭へ戻る