百円の恋 まるで女性版ロッキー。ボクシングに賭ける三十路クズ女の物語。絶対に観て損のない名作

  • 【監督】武正晴
  • 【出演】安藤サクラ/新井浩文/稲川実代子/早織/宇野祥平
  • 【日本公開】2014年


あらすじ >見どころ >安藤サクラ受賞歴




【あらすじ】
実家にひきこもり、自堕落な毎日を送る32歳の一子。ある日、離婚して子連れで出戻ってきた妹と大喧嘩をして家を飛び出し、一人暮らしをすることに。生活のために100円ショップでバイトを始めた一子は、そこで同じように社会からこぼれ落ちた不器用な人間たちと交流していく。そんなある日、一子は近所のボクシングジムでストイックに練習を続ける中年ボクサー・狩野と付き合い始めた。やがて自分もボクシングのトレーニングを始めるようになるのだが…。





【見どころ】

スポンサーリンク

主演は奥田瑛二を父に持ち、柄本明の息子・柄本佑と結婚した芸能一家の安藤サクラ。決して美人ではない彼女だが、その演技に釘付けになる。

物語の前半は、とことんクズな三十路女を好演。働きもせず実家で自堕落に過ごし、母親には金をせびる。一日中、タバコを吸いながらゲームに興じてデップリと太り、画面から悪臭が伝わってきそうなほどの不潔ぶりで、観る者に強烈な嫌悪感を抱かせる。

しかし後半は一転。何もかも上手くいかなかった人生から抜け出すために、プロボクサーを目指して練習に打ち込んでいく。シャドーボクシングなどの練習シーンなどはプロ顔負けの身のこなし。やがて彼女の体からは余計な脂肪が削ぎ落ちて、筋肉の「キレ」が見えるほどに。まさしくボクサーそのものになっていく。

また、恋人役の新井浩文とのラブシーンもあり。一人暮らしを始めたボロアパートで、こんな自分に恋人ができたことに戸惑いながらも肌を重ねるシーンは、とても切なく印象的だ。

そしてラストはプロボクサーとしてのデビュー戦。命を落とすこともあるボクシングの過酷さがしっかりと伝わってくる名シーンになっている。

クズのような自分自身を変えるため、恋にボクシングに泣き叫びながら対峙する安藤サクラの体当たり演技は素晴らしいの一言。各方面から絶賛され、第39回日本アカデミー賞では最優秀主演女優賞を獲得した。





【安藤サクラ 受賞歴】

スポンサーリンク

■2009年
「愛のむきだし」
第31回ヨコハマ映画祭 助演女優賞/第24回高崎映画祭 最優秀新人賞

■2010年
「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」「トルソ」「SR サイタマノラッパー2 女子ラッパー☆傷だらけのライム」
第84回キネマ旬報ベスト・テン 助演女優賞

「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」
第4回アジアン・フィルム・アワード 助演女優賞ノミネート/第65回日本放送映画藝術大賞 映画部門 優秀助演女優賞

■2012年
「愛と誠」
第67回毎日映画コンクール 女優助演賞/第67回日本放送映画藝術大賞 映画部門 優秀助演女優賞/芸術選奨新人賞 映画部門

「かぞくのくに」
第86回キネマ旬報ベスト・テン 主演女優賞/第55回ブルーリボン賞 主演女優賞/第67回日本放送映画藝術大賞 映画部門 優秀主演女優賞/第22回日本映画批評家大賞 主演女優賞

「愛と誠」「その夜の侍」
第37回報知映画賞 助演女優賞/第34回ヨコハマ映画祭 助演女優賞/第86回キネマ旬報ベスト・テン 助演女優賞

「かぞくのくに」「愛と誠」「その夜の侍」
第17回日本インターネット映画大賞 助演女優賞

■2014年
「0.5ミリ」
第38回日本アカデミー賞 優秀主演女優賞/第29回高崎映画祭 最優秀主演女優賞/第69回毎日映画コンクール 女優主演賞/第19回日本インターネット映画大賞 主演女優賞

「百円の恋」「0.5ミリ」
第88回キネマ旬報ベスト・テン 主演女優賞/第57回ブルーリボン賞 主演女優賞/第24回日本映画批評家大賞 主演女優賞

■2015年
「百円の恋」
第39回日本アカデミー賞 最優秀主演女優賞

■2016年
VOGUE JAPAN Women of the Year 2016

あらすじ >見どころ >安藤サクラ受賞歴

※本サイトに掲載の全ての原稿はCinemaBookNavigatorが独自に作成しています。無断での転用は一切禁じます。

スポンサーリンク

  • スポンサーリンク

  • スポンサーリンク

映画見放題サービス

おすすめの劇場

ドラマ見放題サービス

動画見放題サービス

動画ライブ配信サービス

スポーツ見放題サービス

人気カテゴリ

注目の俳優

ページ先頭へ戻る