FAKE 「ゴーストライター問題」の佐村河内守を森監督が密着取材

【あらすじ】

オウム真理教に密着取材し話題をよんだドキュメンタリー作品「A」の森達也監督が、今度は「ゴーストライター騒動」の佐村河内守氏に完全密着。
耳が聞こえない「現代のベートーベン」と注目されるも、音楽家の新垣隆氏が18年間にわたりゴーストライターをしていたと告白した。佐村河内守氏は一転して総バッシングにさらされ、謝罪会見を開くことに。その後、自宅に閉じこもり沈黙を続けていたが、森監督は佐村河内守氏の了解を取り付け、彼の自宅でカメラを回し始める。

【見どころ】

あれだけバッシングを受けた佐村河内氏に密着取材をするのだから、本当に耳は聞こえないのか、作曲はできるのかなど、曖昧なままになってしまった「知りたいこと」が今作で明らかになる、と思ったら大間違い。

舞台のほとんどは佐村河内氏の横浜にある自宅マンションで展開し、奥さんの手話・通訳を介しながら森監督と会話をしていく。
障害者手帳が交付されるほどのものではないが、感音性難聴であることを証明する診断書はある。これを会見時に配布したのだが、ほとんど触れられなかったなど、マスコミに対する強烈な不審感と自身の正当性を語る佐村河内氏。
一方で、自宅まで取材に来た外国人記者から「なぜ18年も作曲活動をしていて、まだ譜面が書けないのか」などの質問に明確に答えられない場面もあり。

佐村河内氏に対する観る者の視点によって、本当のことを話しているのか、やはり嘘をついているのではないかなどの感じ方がガラリと変わってくる。奥さんがいないベランダで2人がタバコを吸いながら会話する場面などは「やっぱり聞こえているのでは?」と感じてしまう人も多いかもしれない。

ちなみに今作は「ラストの12分は誰にも話さないで下さい」という条件でマスコミ試写が上映された。このラスト、これをやれば全てハッキリするということを森監督が佐村河内氏に仕掛けるのだが、映画の終わり方があまりに謎めいているため物議を醸した。

  • 【監督】森達也
  • 【出演】佐村河内守/森達也
  • 【日本公開】2016年

映画見放題サービス

ドラマ見放題サービス

動画見放題サービス

動画ライブ配信サービス

Recommend

ページ先頭へ戻る