ニコニコ動画

ニコニコ動画は株式会社ドワンゴが提供している日本最大級の動画共有サービスです。 配信される動画の再生時間軸上に対して、視聴しているユーザーたちがコメントを投稿し、それらが動画上に流れる独自コメント機能で人気を獲得しました。

2016年12月末時点でのプレミアム会員数は252万人(カドカワの平成29年3月期第三四半期決算短信による)。ネット上だけでなく、ニコニコ超会議と題して大規模なイベントまで開催しています。

スポンサーリンク

アニメ・スポーツ・音楽・映画、生放送の番組など、とにかくバラエティに富んでいます。
話題の最年少プロ棋士藤井聡太の対局など、ドワンゴ主催の将棋タイトル戦も生放送されています。
最近では前人未踏の連勝記録を更新した藤井聡太の第30期竜王戦も生放送され、30連勝を賭けた佐々木勇気五段との対局が話題になりました。惜しくも連勝記録はストップしましたが、2017年7月2日(日) の放送には、875,105人の来場者(視聴者)と、509,523件のコメントが投稿されました。

※来場者数、コメント数のデータはニコニコ生放送ページから引用


放送者と視聴者が双方向で番組を作り上げるリアルタイムコミュニケーションが特徴のライブストリーミングサービス。ニコニコ動画の特長であるコメントを書けば、番組の出演者や視聴しているユーザーたちとコミュニケーションをとりながら楽しむことができます。
生放送番組は充実のラインナップ。綺麗なお天気お姉さんが出演するウェザーニュース24時間天気番組や、プロ野球の観戦も可能。野球を観ながらユーザー同士でコメントを流せば楽しさ倍増です。

類似のサービスとして「LINE LIVE(ラインライブ)」「SHOWROOM」などもあります。

無料で視聴することができますが、有料のプレミアム会員になると様々なメリットがあります。

・プレミアム会員
月額540円(税込)です。
終了した生放送番組などを後からでも視聴できるようになります。
また動画を視聴する際の特典として、動画の読み込みが速くなるプレミアム専用回線の利用、混雑時の「低画質モード」を回避して、高画質のまま視聴できる「低画質モード回避機能」、動画再生前に表示される広告をOFFにすることができるなど、より快適に動画を楽しむことができるようになります。

スポンサーリンク

「ニコニコ生放送」のシステムを使用して、ユーザーたちが同じ映画作品などを観ながらリアルタイムでコメントして楽しむことができます。
余談ですがテレビ番組でジブリ作品の「天空の城ラピュタ」が放送されると、クライマックスの滅びの呪文「バルス!」が唱えられるタイミングで、Twitter上でも一斉に「バルス!」がツイートされることが話題になりますね。
不特定多数のユーザーとコミュニケーションをとりながら視聴することの楽しみをニコニコ動画は提供してくれています。

ニコニコ動画の愛好者たちが集まる最大のイベント。幕張メッセで開催され「ニコニコ超会議2017」では15万人以上が来場しています。

実施されるイベントも多様です。
横綱・白鵬をはじめとした本物の力士たちが集結し、大相撲を繰り広げる「大相撲 超会議場所」。抽選で選ばれたユーザーが実際に土俵にあがり、力士に挑むこともできます。

また中村獅童とバーチャルアイドルの初音ミクが共演する「超歌舞伎」など、斬新な企画と豪華な出演者たちがイベントを盛り上げます。


いかがでしたでしょうか。
興味のある方は下記からニコニコ動画を試してみて下さい。
ニコニコ動画はこちら

各社の動画配信サービスをご紹介します。
無料で試すことができるサービスが多く、すぐに退会もできます。気になるサービスがありましたらトライアルしてみてはいかがでしょうか。

Amazonプライム・ビデオ
会員登録後30日間無料。Amazonプライム会員になれば、映画やテレビ番組が見放題になるほか「お急ぎ便・お届け日時指定便」も使い放題に。Amazonヘビーユーザーに最適。

dTV
会員登録後31日間無料。月額500円(税抜)の低価格が魅力。コンテンツをダウンロードできるので、通勤時や外出中にも楽しみたい方に最適。

Hulu
2週間無料トライアルあり。別途課金なしの完全定額料金制。人気海外ドラマ独占配信多数。その他、日テレ系コンテンツも楽しみたい方にも最適。

U-NEXT
31日間無料トライアルあり。日本最大級の動画配信サービス。映画はもちろん韓流ドラマなども充実。大人から子供まで楽しめる。

今後ますますインターネット環境が整備され、より快適に動画の視聴が可能になります。
動画配信サービスで、様々なコンテンツをとことん楽しみましょう。

映画見放題サービス

ドラマ見放題サービス

動画見放題サービス

動画ライブ配信サービス

Recommend

ページ先頭へ戻る