イノセンス 芸術の域に達した日本アニメの最高峰

【あらすじ】

「マトリックス」の監督であるウォシャウスキー兄弟を始め、多くの映像作家に影響を与えた押井守監督作品「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」の続編。わずかな脳以外、体の全てが人口的に作られたサイボーグの刑事バトーと、暴走した少女型アンドロイドの戦いを描いたアニメーション。
2032年の近未来。人々は電脳化され人とサイボーグ(機械化人間)、ロボット(人形)が共存する社会が形成されていた。公安9課の刑事バトーは、その強靭な体と明晰な頭脳を駆使し、続発するテロ犯罪を取り締まっていた。ある日、少女型の愛玩用アンドロイドが暴走し、所有者を惨殺する事件が発生。早速バトーは相棒のトグサと共に捜査に向かうが…。

【見どころ】

もはや芸術の域に達したといっても過言ではない幻想的な風景や、迫力のアクションシーンなど、今作のクオリティの高さは他のアニメーションと一線を画している。これぞまさしく世界を魅了してやまない「ジャパニメーション」の最高峰だ。

  • 【監督】押井守
  • 【声の出演】大塚明夫/田中敦子/山寺宏一
  • 【日本公開】2004年

映画見放題サービス

ドラマ見放題サービス

動画見放題サービス

動画ライブ配信サービス

Recommend

ページ先頭へ戻る