そこのみにて光輝く | 美しすぎる映画女優たち | シネマブックナビゲーター

そこのみにて光輝く キネ旬ベストテン1位獲得。池脇千鶴が体を張って家族を守る気丈な女性を熱演。過酷な現実に立ち向かう若者たちの物語

  • 【監督】呉美保
  • 【出演】綾野剛/池脇千鶴/菅田将暉/高橋和也/火野正平
  • 【日本公開】2014年

スポンサーリンク

【あらすじ】
舞台は北海道の田舎町。無職の達夫は夢も希望もなくパチンコをする毎日を過ごしていた。そんなある日、パチンコ屋でチンピラの拓児と出会う。達夫は無邪気でおしゃべりな拓児を鬱陶しく思いながらも、どこか憎めない彼に次第に心を開いていった。そしてひょんなことから拓児の家に行くことに。今にも吹き飛びそうなボロ屋の中には、病気で寝たきりの父親と、働かない母親、そして姉の千夏がいた。達夫は千夏に魅かれていくが、彼女は家族を養うために体を売り、毎日を何とか生きているような状態で…。


【見どころ】
夢も希望もない若者が一念発起し、未来に向かって歩き出すという、映画としてはありふれた物語。だが綾野剛、池脇千鶴、菅田将暉の若手役者の演技が素晴らしく、まるで現実の一コマを切り取ったかのようなリアリティに溢れ、激しく胸を揺さぶられる。

達夫を演じる綾野剛が、千夏を演じる池脇千鶴に恋をすることで物語は大きく動き出す。耐えがたい経験をした過去を振り払い、彼女を助けるために再び働くことを決めた達夫。そして心も体も完璧に求め合い、激しく愛し合う場面は、どん底から這い上がろうとする2人の決意を感じさせる良シーンになっている。
だが千夏への周囲の視線は厳しく、大人たちの心無い仕打ちが壁となって立ち塞がっていく展開には、もどかしい怒りが込み上げてくるほど。

3人の役者たちが、まだ処世術を身に付けていない不器用な若者たちに成りきれている。だから観る者は彼らに強く共感し、物語に引き込まれていく。
あまり知られていないのが何とも惜しい秀作だ。

ちなみに今作は第88回(2014年)キネマ旬報ベスト・テンで日本映画第1位に選出され、綾野剛は主演男優賞を獲得している。

※本サイトに掲載の全ての原稿はCinemaBookNavigatorが独自に作成しています。無断での転用は一切禁じます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

映画見放題サービス

ドラマ見放題サービス

動画見放題サービス

動画ライブ配信サービス

ページ先頭へ戻る