イル ベント エ レ ローゼ 愛するということ 美しさが全て。叶恭子主演の話題作

【あらすじ】

タレントの叶恭子のエッセイ「トリオリズム」を基に製作された女性のためのラブストーリー。
ジョルジャは、イタリアの田舎町で厳格な祖母と暮らしていた。ある日、花売りをしている彼女の前を、田舎町には不似合いなほどゴージャスな女性KOKO(叶恭子)を乗せたリムジンが通り過ぎた。その翌日、ジョルジャがヴィラに花を届けに行くと、そこには昨日見かけたKOKOがいて…。

【見どころ】

見どころは何といっても叶恭子のダイナマイトボディ。整形に整形を重ね、過剰に人工的な体を想像する人も多いだろうが、実際はそれほどでもなく自然な印象。イケメン外人との絡みはもちろん、共演のマリア・コッキャレッラ・アリスメンディと、女性同士のキレイなラブシーンもあり。

  • 【監督】エリーザ・ボロニーニ
  • 【出演】叶恭子/マリア・コッキャレッラ・アリスメンディ
  • 【日本公開】2009年

人気カテゴリ

注目の俳優

ページ先頭へ戻る