さよなら渓谷 | 美しすぎる映画女優たち | シネマブックナビゲーター

さよなら渓谷 極上のストーリーと真木よう子のセクシー。観て損のない秀作

  • 【監督】大森立嗣
  • 【出演】真木よう子/大西信満/鈴木杏/井浦新/大森南朋
  • 【日本公開】2013年

スポンサーリンク

【あらすじ】
芥川賞作家・吉田修一の同名小説を映画化した異色ドラマ。

美しい自然が残る渓谷の町でひっそりと暮らす尾崎俊介と妻のかなこ。だがある日、隣に住む女が幼い娘を殺害した実行犯として逮捕され、マスコミが押し寄せてきた。
そんな中、容疑者である母親と俊介が不倫関係にあったとの情報提供により、俊介に共犯の疑いがかけられる事態に。しかも通報したのは、かなこだった。
事件の取材を続けていた週刊誌記者の渡辺は、この夫婦に興味を持ち、2人の過去を調べ始めるが…。


【見どころ】
真木よう子の色香漂う演技を目当てに今作を観た人も多いだろうが、それ以上にストーリーでも楽しませてくれる。
冒頭から夫婦役の真木よう子と大西信満が汗ばみながら抱き合っている。かなり長尺でこのシーンが展開し、男性諸氏は釘づけになること間違いなし。だが今作を最後まで観終えた後、これらのシーンが初見の印象と異なる余韻を残すことになる。

渋い演技派・大森南朋が記者役で登場したところから、「あらすじ」の通り骨太のサスペンスを予感するのだが、物語は夫婦のドラマに絞られていき、想像を絶する方向に動き出す。なぜ2人は一緒にいるのか?当人以外には考えも及ばない強烈な関係性が浮かび上がってくる。

全てを観終えた後、冒頭のシーンに再び想いを馳せてみよう。一体、2人は何を考えていたのだろうか。その解釈は観る者によって大きく異なってくるはずだ。

ちなみに今作のエンディング・テーマは真木よう子が歌い、作詞・作曲は椎名林檎が担当している。

※本サイトに掲載の全ての原稿はCinemaBookNavigatorが独自に作成しています。無断での転用は一切禁じます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

映画見放題サービス

ドラマ見放題サービス

動画見放題サービス

動画ライブ配信サービス

ページ先頭へ戻る