ノン子36歳 (家事手伝い) 今作知ってた?ブレイク前の星野源が坂井真紀に「恋」する青年役を熱演。36歳・独身・無職の冴えない女性の日常を描く

  • 【監督】熊切和嘉
  • 【出演】坂井真紀/星野源/津田寛治/佐藤仁美/鶴見辰吾
  • 【日本公開】2008年

スポンサーリンク

【あらすじ】
坂井真紀が36歳にしてバツイチ、出戻りのヒロインを好演するドラマ。
実家で周囲の冷たい視線を感じながら未来の見えない鬱屈した日常を送るダメ女・ノン子のやるせない姿を描く。


【見どころ】
「最後にしたの、いつだっけ?」の作品コピーの通り、坂井真紀が一糸まとわぬ姿で大胆シーンに挑戦している今作。とりあえず元ダンナとやってしまったり、他の男とも寝てしまったり。これぞダメ女、といった演技が上手い。

ただちょっと残念なのが、登場人物のキャラクターの描き方が浅いため、感情移入しにくいこと。

坂井真紀が演じるノン子は、中途半端な元芸能人で、夢破れて田舎に帰ってきたという設定。プライドが高く、酒とタバコだけが楽しみな希望のない生活を送っている。ノン子に関してはこれで良いが、彼女に恋する準主役、星野源が演じるマサルの設定が惜しい。

ノン子の実家である神社で行われる夏祭で、他の出店と並んで自分も出店するためにノン子が住む町に現れる。現場を仕切る人物に「自分も店を出させて下さい!」と直談判。許可をもらえないまま祭の日を迎えてしまい、当日も同じ人物に直談判。それでも断られたため、大暴れして祭を台無しにしてしまう。

マサルが浅はかな若造に見えてしまい、その行動になかなか共感できないのだ。

そんな彼とノン子の恋物語にドキドキするのはちょっと難しいかも。ただ、いまをときめく星野源の熱演ぶりは、ファンには一見の価値ありだ。

※本サイトに掲載の全ての原稿はCinemaBookNavigatorが独自に作成しています。無断での転用は一切禁じます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

映画見放題サービス

ドラマ見放題サービス

動画見放題サービス

動画ライブ配信サービス

Recommend

ページ先頭へ戻る