モーガン・フリーマン

スポンサーサイト

  • ■名前: Morgan Freeman
  • ■生年月日: 1937/06/01
  • ■出身地: アメリカ/テネシー州メンフィス

1937年6月1日、テネシー州メンフィスに生まれる。
父モーガン・ポーターフィールド・フリーマン(1961年肝硬変により死去)は床屋で、母メイミー・エドナは清掃婦だった。モーガンには3人の兄がいる。フリーマン家はミシシッピ州グリーンウッド、インディアナ州ゲーリーなど多くの地を転々とした後、イリノイ州シカゴに居を構えた。モーガンは9歳のとき、小学校の演劇で主役を務めている。
12歳の時には州の演劇コンクールで優勝し、高校時代にはテネシー州ナッシュヴィルでラジオ演劇に出演していた。

1955年、ジャクソン州立大学の演劇奨学金を断り、合衆国空軍の機械工となった。
1960年代前半、モーガンはロサンゼルスに移住。そこで短期大学の事務員として勤務した。一時期はニューヨークにも住んでいたことがあり、1964年に開かれたニューヨーク万国博覧会でダンサーを務めた。またサンフランシスコではオペラ歌劇団にも所属していた。

モーガンの実質的な役者デビューは、巡業劇団に所属していたときに出演した「The Royal Hunt of the Sun」という劇で、1965年公開のシドニー・ルメット監督の「The Pawnbroker」という映画にも出演している。1967年には「The Niggerlovers」でヴィヴィカ・リンドフォースの相手役としてオフ・ブロードウェイにデビュー。 翌年の1968年には、役者全員が黒人バージョンの「ハロー! ドリー」でブロードウェイの舞台に立った。

端役としてではないフリーマンの最初の出演作品は1971年公開の「Who Says I Can't Ride a Rainbow?」という映画だったが、有名になったのは連続テレビドラマシリーズ「Another World」とPBSテレビの子供番組「The Electric Company」だった。後に彼はもっと早く出演をやめるべきだった、と語っている。

「The Electric Company」に関しては1、2年やって辞めるべきだった。でもお金に目が眩んだね。特別優遇措置みたいのがあってね。多くの俳優がそれを享受していた。彼らは真面目に役者業をやる気がなかった。僕もその一員になっていたけどね。それで「若者たちを愛しているぜ!」なんて言っていたんだ。そんなところに3年という長い間いてしまったよ」と後に述べている。

1980年代前半からフリーマンは、知的で温かみのあるキャラクターで助演男優として頭角を現す。
有名になった彼はブルース・ベレスフォード監督の「ドライビング Miss デイジー」(1987年)やエドワード・ズウィック監督の「グローリー」(1989年)など次第に主役級の役を演じるようになった。

1994年、フランク・ダラボン監督の「ショーシャンクの空に」では、ティム・ロビンスと共に主役レッドを演じ最高の評価を得た。彼の魅力が一気に開花したこの作品を機にケヴィン・レイノルズ監督「ロビン・フッド」、デヴィッド・フィンチャー監督「セブン」、ミミ・レダー監督「ディープ・インパクト」など、多くの映画で成功を収めることになる。

フリーマンはその特徴的な声色からナレーターとしての仕事も頻繁に入るようになった。
2005年、スティーヴン・スピルバーグ監督「宇宙戦争」、アカデミー賞最優秀ドキュメンタリー映画賞を受賞した「皇帝ペンギン」のナレーターを務めた。

「N.Y.ストリート スマート」(1987年)、「ドライビング Miss デイジー」、「ショーシャンクの空に」でアカデミー賞助演男優賞にノミネートされていたが、遂に2004年にクリント・イーストウッド監督の「ミリオンダラー・ベイビー」で同賞を受賞。会場の映画人がスタンディング・オベーションで讃えた。

1997年、映画プロデューサー、ロリー・マクリアリーと共に映画制作会社「リヴェレーションズ・エンターテイメント」を設立。また2人は、これの姉妹会社にあたるオンライン映画配給会社「クリックスター」も立ち上げた。

フリーマンは宇宙工学や航空工学などの科学分野に造詣が深い。前述のクリックスターでは「私たちの宇宙」というコーナーを持っており、科学系のビデオクリップを制作配信している。テレビにおいてもディスカバリーチャンネルにてシリーズ番組「モーガン・フリーマンが語る宇宙」のホストを務め、宇宙に関する解説を行っている。

実の息子で俳優のアルフォンソ・フリーマンと、「最高の人生の見つけ方」で親子役として共演を果たしている。

コマーシャルには出演していないが、その理由について「自分が宣伝すればみんなが信じて買ってくれるからだ。不要なものを買わせてしまうのは申し訳ないからね」と答えている。

■プライベート
1967年10月22日、ジャネット・アデア・ブラッドショウと結婚したが1979年離婚。
1984年に結婚したマーナ・コリー・リーとは2008年8月に離婚。最初の結婚の前に生まれた2人の息子アルフォンソとサイフォレイ、前妻との間に娘モーガナがおり、前妻の連れ子エディーナを養女としている。

現在はミシシッピ州チャールストンとニューヨークに居を構えており、自家用飛行機運転免許を所有している。
またミシシッピ州クラークスデールには、「マディディ」というレストランとブルースクラブ「グラウンド・ゼロ」を所有している。
2008年にはメンフィスに「グラウンド・ゼロ」2号店を開店した。

フリーマンはアフリカ系アメリカ人のコミュニティーが主催する「黒人の歴史月間」に対して公式に、それらのイベントに参加しない姿勢をとっている。
「黒人の歴史はアメリカ合衆国の歴史である」というのが彼の理由である。
彼の強い主張によれば「黒人差別を無くすには、その話をしないことだ」と語っており「アメリカに「白人の日」は無い」と述べている。 CBS放送のドキュメンタリー番組に出演した際にはインタビュアー(白人)に対し「私はあなたを「白人」とは呼ばない。そして私はあなたにお願いする、私を「黒人」と呼ばないように、と」と述べた。
また、アクターズ・スタジオ・インタビューでは司会者が「映画「ディープ・インパクト」では黒人の大統領を演じました」と発言したのに対し、「私は黒人だ。黒人を演じているのではない」と返し、聴衆はその言葉に拍手を送った。その後、好きな言葉を聞かれて「ファック」と答えている。

2006年5月13日、ミシシッピ州のデルタ州立大学より名誉博士号が贈られた。
2006年10月28日、ミシシッピ州ジャクソンで行われたミシシッピの最優秀賞授賞式にて、長年映画に出演している功績を評価され、生涯業績賞が贈られた。「彼はまるで父親のような存在だ」と大会主催者は語った。「フリーマン氏はどんな役を演じようとも誰も近づけない尊敬に値する人物の一人だ」と賞賛された。

2008年8月3日深夜、自動車を運転し自宅に戻る途中に車道の路肩を飛び越え横転、命に別状は無かったものの骨折などの重傷を負い、テネシー州メンフィスの病院に搬送された。その際、レスキュー隊に救出される時に多くのやじ馬が周囲を撮影しようとしたところ「ただ撮りはダメだよ」と冗談まじりに話していた。 なお、事故の際に酒気帯び運転をしていたのではないかという指摘が同乗の女性より主張されたが、モーガンはこれを否定。女性と裁判で争う構えを見せていたが、2009年11月に双方の間で示談が成立している。

Recommend

注目の新作

劇場公開作から新作DVDまで、シネマブックナビゲーターがオススメする注目の新作をご紹介します。

美しすぎる映画女優たち

女優のセクシーシーンも映画の醍醐味。出し惜しみのない厳選100作品を集めてみました。

これホント?驚愕の実話映画50選

まさに「事実は小説より奇なり」。本当にあった事実を基にしているからこそ「驚き」も「感動」も、より一層強くなります。

語り継ぎたい戦争映画

過去の出来事を再現し、現代に生きる人々が追体験できるのも映画の素晴らしいところ。あの悲劇を忘れないために、戦争映画を観てみよう。

スポンサーサイト

クリックできるDVDジャケット写真は、amazonアソシエイトプログラムを利用して表示しています。クリック後、amazonサイトの該当作品ページに移動します。

映画見放題サービス

ドラマ見放題サービス

動画見放題サービス

動画ライブ配信サービス

ページ先頭へ戻る