ジャック・ニコルソン

スポンサーサイト

  • ■名前: Jack Nicholson
  • ■生年月日: 1937/04/22
  • ■出身地: アメリカ/ニュージャージー州ネプチューン

デビューから今日に至るまで計12回のアカデミー賞ノミネート経験(主演8回、助演4回)と、3回の受賞歴(主演2回、助演1回)を持つ。アカデミー賞に12回のノミネートは男優としては最多で、また1960年代、1970年代、1980年代、1990年代、2000年代と各世代毎にノミネート経験を持つ俳優の一人(残りの2人はマイケル・ケインとポール・ニューマン)でもある。ゴールデングローブ賞も計7回受賞し、1999年に功労賞を授与され、多くの俳優に多大な影響を与えた。
1994年、アメリカ映画協会から生涯功労賞を授与されたが、これは歴代受賞者中で最年少(57歳)である。

ニュージャージー州ネプチューン育ちで、ニューヨーク市の聖ヴィンセント病院で誕生。
イタリア系の興行師ドナルド・フルシオ(芸名ドナルド・ローズ)、アイルランド系のショーガール、フランシス・ニコルソン(芸名ジューン・ニルソン)の子として生まれた。

父ドナルドは既に家庭を持っていたため、母フランシスはドナルドの援助を断って実家でニコルソンを育てた。
母親は子供を自らが育てることを避け、幼い時にニュージャージーに住む母方の祖父母に預けた。祖父のジョセフ・ニコルソンは装飾家で、主にブティックなどのショーウィンドーのデザインなどを仕事にしていた。祖父は育児を担当しなかった娘を「歳の離れた姉」と孫に教え、自分の晩年の子として育てる事を選んだ。

以降、祖父の住むネプチューン市で敬虔なカトリック教徒として育てられ、今でも愛着の有る土地なのか出身高校(マナスクアン・ハイスクール)の行事や演劇祭に姿を見せている。彼が自らの年老いた両親が祖父母で、姉と教えられていた人間が母親だと知ったのは役者として成功してからの事だったが、その時すでに祖父母と母は亡くなっていた。

高校を出ると俳優を志してアクターズ・スタジオで学び、ハリウッドに移住。
ハリウッドでは生活費を捻出するためにメトロ・ゴールドウィン・メイヤー社のアニメーション部門で働いた。
同社でトムとジェリーで知られるウィリアム・ハンナとジョセフ・バーベラが立ち上げたハンナ・バーベラ社から才能を評価されて入社の誘いを受けているが、役者としての夢を優先して辞退した。

1958年、「クライ・ベイビー・キラー」で映画俳優としてデビュー。これが「低予算映画の王」として知られる映画監督ロジャー・コーマンの目に留まり、若手俳優が多数在籍していたロジャー・コーマン率いるアメリカン・インターナショナル・ピクチャーズ(AIP)の一員として様々な映画でキャリアを積むことになる。
また製作側にも興味を持ち、西部劇映画の撮影スタッフとしても働いていた。

当時、絶大な人気を誇っていたテレビ番組「ザ・モンキーズ」の映画「Head! 恋の合い言葉」で脚本執筆を任されるなど製作面を専門にすることを検討し始めていた矢先、ロジャーの映画に主演していたデニス・ホッパーが制作している映画に誘われた。

1969年、デニス・ホッパーが主演監督を務めた「イージーライダー」でアルコール中毒の弁護士であるハンソン役を演じ、本来は別の役者が担当する予定であったこの役でアカデミー助演男優賞にノミネートされ、一躍その名を知られることに。

その翌年公開の「ファイブ・イージー・ピーセス」でもアカデミー主演男優賞にノミネート。以降も「さらば冬のかもめ」(1973年)などのアメリカン・ニューシネマを代表する役者に成長し、1975年に「カッコーの巣の上で」で遂にアカデミー賞主演男優賞を受賞した。

オスカー俳優の仲間入りを果たした後も数多くの作品に出演。
1983年の「愛と追憶の日々」で助演男優賞を受賞、2度目のアカデミー賞を獲得した。この間、「ゴーイング・サウス」で監督として再び映画を製作する側に挑戦しているほか、「ミズーリ・ブレイク」でプライベートの友人であったマーロン・ブランドとの共演を果たしている(因みに2作品とも西部劇である)。

また1980年の、スタンリー・キューブリック監督「シャイニング」でのジャック・トランス役はアカデミーなどの賞レースには絡まなかったものの、現在でも彼を想起させる作品の1つに数えられている。
1980年代には取り分け精力的に作品出演を続け、そのうち3作品でアカデミー賞候補に名を連ねた。

1989年にはティム・バートン監督作の「バットマン」2代目のジョーカー役として出演。
「怪鳥バットマン」のシーザー・ロメロ以来の映像化となったジョーカーを享楽的な愉快犯として演じ、当時はミスキャストと言われた主演のマイケル・キートンと共に新たなバットマン・シリーズのヒットに貢献した。彼とシーザー・ロメロ、そして2008年の「ダークナイト」でジョーカーを演じたヒース・レジャーらと合わせて「3人のジョーカー」と呼ばれる。

1990年代に入ってからもアカデミー賞候補の常連組であり続けた。
軍事法廷を舞台にした「ア・フュー・グッドメン」では傲岸不遜な軍高官・ジェセップ大佐役を演じ、8回目のアカデミー・ノミネートを受けた。作中で追い詰められたジェセップ大佐がトム・クルーズ扮するダニエル中尉の「I want the truth!(私は真実を知りたい)」の言葉に「You can't handle the truth!(貴様に真実など分かるか!)」と激昂する名シーンは多くの作品でオマージュされている。

1996年製作の「マーズ・アタック!」では「バットマン」で知り合ったティム・バートンと再び関わった。
そして1997年、「恋愛小説家」で神経質な小説家を演じ、自身3度目となるアカデミー賞を受賞した。これはアカデミー助演男優賞を3度受賞したウォルター・ブレナンに次いで史上2人目の快挙となった。

2001年、モスクワ国際映画祭で創設されたスタニスラフスキー賞(演劇理論スタニスラフスキー・システムで知られる)に、「演劇における秀逸な演技力」を選考理由に初代受賞者として選ばれた。
2002年の「アバウト・シュミット」では今までの恐怖や狂気を体現したイメージを覆す穏やかな老人を演じ、円熟味を増した演技力でアカデミー賞にノミネートされている。
続くダイアン・キートンと共演した「恋愛適齢期」(2003年)でも、老いらくの恋に悩むプレイボーイを、「N.Y.式ハッピー・セラピー」(2004年)では陽気なセラピストをそれぞれ演じた。2007年には「最高の人生の見つけ方」で末期ガン患者を演じるにあたって入念な役作りに情熱を注ぎ、モーガン・フリーマンとのハートフルな物語で高い評価を受けた。

一方でシリアスな演技も健在であり、2006年のアカデミー作品賞を受賞した「ディパーテッド」で冷酷な裏社会のボスを演じた。

2008年、カルフォルニア州知事で同じ映画俳優のアーノルド・シュワルツェネッガーは自らが創設したカリフォルニア殿堂博物館の表彰人物にジャック・ニコルソンを加えると発表している。

エキセントリックな言動や性的ゴシップ、そして絶対的な演技力で老年にしてなお話題にこと欠かない俳優である。

Recommend

注目の新作

劇場公開作から新作DVDまで、シネマブックナビゲーターがオススメする注目の新作をご紹介します。

美しすぎる映画女優たち

女優のセクシーシーンも映画の醍醐味。出し惜しみのない厳選100作品を集めてみました。

これホント?驚愕の実話映画50選

まさに「事実は小説より奇なり」。本当にあった事実を基にしているからこそ「驚き」も「感動」も、より一層強くなります。

語り継ぎたい戦争映画

過去の出来事を再現し、現代に生きる人々が追体験できるのも映画の素晴らしいところ。あの悲劇を忘れないために、戦争映画を観てみよう。

スポンサーサイト

クリックできるDVDジャケット写真は、amazonアソシエイトプログラムを利用して表示しています。クリック後、amazonサイトの該当作品ページに移動します。

ピックアップ

  • ※DVD・動画配信サービスで取り扱いのない作品もございます。あらかじめご了承ください。

更新情報

  • 2/15「SPIRIT スピリット」
    ジェット・リーが実在の中国武術創始者を熱演。中村獅童と激突!
  • 2/11「大統領の陰謀」
    ダスティン・ホフマン、ロバート・レッドフォード主演。ニクソン大統領を辞任に追い込んだ2人の記者の物語
  • 2/10「夢二 愛のとばしり」
    大正時代の愛憎劇をうっとりするほどの映像美で魅せる。着物姿の黒谷友香、小宮有紗の美しさは一見の価値あり

人気カテゴリ

注目の俳優

ページ先頭へ戻る