オードリー・ヘプバーン

スポンサーサイト

  • ■名前: Audrey Hepburn
  • ■生年月日: 1929/05/04
  • ■出身地: ベルギー/ブリュッセル
  • ■没年: 1993/01/20

貿易商の父とオランダ貴族出身の母の下に生まれた。
5歳の時に戦争のためイギリスに渡り、ロンドン郊外の寄宿学校に通うことに。
10歳の時、両親が離婚したことをきっかけに、母と共にオランダに移住しバレエのレッスンを開始。以後、戦火の中、モデルなどをして生計を立てていた。

1948年、単身ロンドンに渡りマリー・ランバート・バレエ学校に入学。プロとして舞台デビューを果たす。

1950年に端役として映画に出演。以降、数本の作品に出演した後、1951年、撮影中に「ジジ」の原作者と出会い、同作のブロードウェイ公演で主役に抜擢される。その舞台を見たウィリアム・ワイラーから1953年「ローマの休日」で主役の座を与えられることに。作品の大ヒットと共にアカデミー主演女優賞を受賞した。

その後はスター街道を突き進み「麗しのサブリナ」では劇中ファッションからサブリナ・パンツ、サブリナ・シューズが生まれ、今でも女性ファッションの基本アイテムとして生き続けている。その「麗しのサブリナ」と「尼僧物語」、「ティファニーで朝食を」、「暗くなるまで待って」ではアカデミー主演女優賞にノミネートされた。

メル・ファーラーとの間にショーンをもうけた後、1968年に離婚。翌年精神科医と結婚するも一児を残してこちらも離婚に至っている。

晩年はユニセフに親善大使として活動。ソマリアで難民救済に力を注いでいた。
1993年に直腸ガンのため、63歳でこの世を去った。

【オードリー作品一覧】
「初恋」(1951)
「ローマの休日」(1953)
「麗しのサブリナ」(1954)
「戦争と平和」(1956)
「昼下りの情事」(1957)
「パリの恋人」(1957)
「許されざる者」(1959)
「緑の館」(1959)
「尼僧物語」(1959)
「噂の二人」(1961)
「ティファニーで朝食を」(1961)
「パリで一緒に」(1963)
「シャレード」(1963)
「マイ・フェア・レディ」(1964)
「おしゃれ泥棒」(1966)
「暗くなるまで待って」(1967)
「いつも2人で」(1967)
「ロビンとマリアン」(1976)
「華麗なる相続人」(1979)
「ニューヨークの恋人たち」(1981)
「おしゃれ泥棒2」(1986)
「オールウェイズ」(1989)

Recommend

注目の新作

劇場公開作から新作DVDまで、シネマブックナビゲーターがオススメする注目の新作をご紹介します。

美しすぎる映画女優たち

女優のセクシーシーンも映画の醍醐味。出し惜しみのない厳選100作品を集めてみました。

これホント?驚愕の実話映画50選

まさに「事実は小説より奇なり」。本当にあった事実を基にしているからこそ「驚き」も「感動」も、より一層強くなります。

語り継ぎたい戦争映画

過去の出来事を再現し、現代に生きる人々が追体験できるのも映画の素晴らしいところ。あの悲劇を忘れないために、戦争映画を観てみよう。

スポンサーサイト

クリックできるDVDジャケット写真は、amazonアソシエイトプログラムを利用して表示しています。クリック後、amazonサイトの該当作品ページに移動します。

映画見放題サービス

ドラマ見放題サービス

動画見放題サービス

動画ライブ配信サービス

Recommend

ページ先頭へ戻る