アウトロー 「ユージュアル・サスペクツ」脚本家の監督作

【あらすじ】

ピッツバーグ近郊で起きた銃乱射事件。無差別に人々が殺害され、元米軍スナイパーのジェームズ・バーが逮捕された。証拠はすべて揃い、事件は解決したかに見えた。だがバーは「ジャック・リーチャーを呼べ」と紙に書き、黙秘を続けて…。

【見どころ】

ハリウッド・スターのトム・クルーズ主演作だけあって、アクションは期待通りの迫力だが新鮮味はそれほどでもない。そのかわり、過酷な訓練を受けたスナイパーの精神的な後遺症が、物語のポイントになってくるところが面白い。監督はサスペンスの名作として知られる「ユージュアル・サスペクツ」の脚本を書いたクリストファー・マッカリー。

  • 【監督】クリストファー・マッカリー
  • 【出演】トム・クルーズ/ドン・グレンジャー/ゲイリー・レヴィンソン
  • 【日本公開】2013年
  • 【原題】JACK REACHER
ページ先頭へ戻る